主婦の悩み!日々の料理のレパートリーを増やすには?

これでアナタも料理上手?レパートリーの増やし方とは?

今ある食材を知って作る

現代と昔を比べると今の方が生活は豊かになっているのがほとんどで、特に食事に関しては様々な文化を取り入れた事もあり、目まぐるしい発展が見られます。昭和の食事は健康にも良く、ダイエッターから注目を浴びていますがどんな献立で料理をしていたのでしょうか?
献立としてはご飯に汁物、メインは魚が多く肉はそんなに主流ではありませんでした。小鉢が充実している事もあり、海藻や漬物、納豆などのタンパク質やミネラルが豊富な食事がほとんどです。ご飯は完全な白米では無く麦は混ざっているのがほとんどで、魚は煮つけ焼き魚がメインです。外食になると丼物やワンプレートが多くカレーライスやハンバーグ、オムライスといった料理が人気でした。
それに比べて現代の食生活は、かなり多種多様です。こだわりや家庭の有無、自炊の頻度によっても大きく違いますがご飯に汁物、メインは肉でサラダを含む野菜が一般的です。昔に比べて肉がメインになり、小鉢が減った事が特徴的です。人によっては健康に気をつけて雑穀枚や玄米を混ぜたり、オーガニック系の食材を使ったりする事もあります。
毎日の食事は人が生命活動をする際に必要な物でもありますが、同時に生活を豊かにしてくれる娯楽の一つでもあります。とは言っても毎日献立を考えるのは面倒ですし、レパートリーにも限りがあります。ここではレパートリーや献立に煮詰まった時の打破方法にスポットを当てて紹介していますので、参考にしてみて下さい。